なるべく避けたい貸し借り

" 友人同士でのお金の貸し借りは、避けられるならば積極的に避けた方が良い問題です...

" 友人同士でのお金の貸し借りは、避けられるならば積極的に避けた方が良い問題です。

 自分にとっては少額だったとしても、貸した方は絶対に忘れません。それがたとえ10円単位だったとしてもです。

 しかし、借りた方は忘れてしまう事があります。

貸した方は「いつ返してくれるのだろう?」と悶々としてしまうので、忘れないうちに返すのが賢明です。

 方法としては、借りたらすぐに油性ペンで自分の手の甲に書くことです。これだと恥ずかしいですし、記憶に残りやすくなります。
 また、たまに「私、お金借りてないよね?」と確認しています。

 このように神経質になってしまうのは、以前、お金を貸して帰ってこなかった経験があるからです。

 同僚が結婚をすることになり、皆でプレゼントをすることになりました。5000円ずつ出し合ってプレゼントをしたのですが、ある友人がその時現金を持ち合わせておらず、私が立て替えてあげたのです。

 数日後に合った時、「あの時の5000円・・・」と勇気を出して切り出したところ「あっ、ゴメン、今度返す」と言われ、何度も催促することも出来ずそのままになってしまったのです。

 その友人はすっかり忘れているようで何もなかったかのように話しかけてきますが、私はそれがモヤモヤしてしまって仕方ありませんでした。

 もう昔の事なので諦めてしまったのですが、その友人を見ると思いだします。

 それを、自分が誰かにしてしまったら、と思うと恐ろしくてたまりません。
なので、私は友人に借金はしないようにしています。"

>> ノンバンクでの借り入れは大丈夫なのか?



Copyright © ノンバンクは危険!大手銀行ローン比較. All rights reserved