普段の言動がそのまま信頼性に

"お金を借りるということは、相手が銀行やその他の融資機関からというのは当然ですが...

"お金を借りるということは、相手が銀行やその他の融資機関からというのは当然ですが、親や友人のような身近な人間から口約束だけで借りる場合も等しく""借金""と言えると思います。
友人や親のように身近な相手に対してのお金の貸し借りの場合、「貸したお金は返ってこないと思え」とよく言われるように、百円や千円単位の金額なら日常的に借金と言う枠の外でやり取りがされてると思います。
コンビニでジュースを買おうと思ったけど持ち合わせがない時、みんなで食事をしたときのワリカンなど、私は返してほしいと言った事はありませんし逆の立場の場合同じくらい出してもらっているからです。
しかし、金額の単位が1万円、10万円単位となると話は違ってくると思います。普段の相手に対する自分の言動がいい加減だったり、平気で約束を破る、ウソをつく、お金にだらしないなどの部分が見えると借りることは難しくなりますし貸す立場だと信用できないでしょう。
やはり頼れる友人は大切ですが、その友人に信頼してもらうために自分自身の""普段の誠実さ""に頼るところが大きくなると思います。それは一番相談しやすく、お金を出してくれる親に対しても同じではないでしょうか。

私は起業するために金融機関から事業資金を借金していますが、そこで信頼を得るためには今までの経歴や仕事上の実績が必要となってきます。そういった書面上の数字で示す部分にもやはり普段の仕事に対する努力や忍耐、誠実さといった""姿勢""が起因してくるでしょう。
お金を借りるということは人に頼ると言うことですが、そのためには自分自身のブランド力に頼ることになると言えると思います。"

>> ノンバンクでの借り入れは大丈夫なのか?



Copyright © ノンバンクは危険!大手銀行ローン比較. All rights reserved